IMG_4719

雨の東京蚤の市

IMG_4713
IMG_4709
東京蚤の市、オープン前の古書店街。
各店舗も準備が整い、お客様がお見えになるのを待つばかりです。
東京蚤の市などの大きなイベントでは、必ずと言っていいほど声枯れするので、のど飴と家でポットに作ってきた温かいコーヒーをいつも用意していきます。
二日目の日曜日も、補充する古本の箱を持って早朝に会場入り。開催時刻が初日より一時間早いので、手早く並べていきます。

IMG_4698IMG_4697 手前の福音館書店の『はぬけのはなし』という絵本は、今まさに歯が抜けかけているという可愛い女の子が買ってくれました。この絵本を探している人が見つけてくれるように・・・と思いながらいつも絵本を並べていくのですが、ふたりの方から探していた絵本があったとお声をかけていただき、本当にほっとしました。人に貸して戻ってこなくなった絵本、娘に読んであげていた絵本なのだけれど、今度は孫のために・・・など。

IMG_4695古いものから新しいものまで、雑誌もいろいろ取り揃えてみました。料理本などの実用書も様々な年代のものです。

IMG_4704
格闘技好きの店主セレクトの棚です。
それと、若かりし頃ファンだった〝おニャン子クラブ〟関係の写真集も。

**********

今秋は雨模様の東京蚤の市となりましたが、両日ともたくさんのお客様にお越しいただきました。
そして、関西蚤の市の開催まで3週間余りとなり、準備作業の真っ只中の当店です。引き続きよろしくお願いいたします。


IMG_3843

調布市制施行60周年記念大感謝祭

IMG_3830

日にちが少しあいてしまいましたが、先週末は、調布市制施行60周年を記念したイベントに出店しておりました。日曜日は朝からあいにくの雨で、当店のみ出店を見合わせましたが、土曜日は無事に出店できました。
長く暮らした文京区を離れてから丸二年が経ち、調布の暮らしもだいぶ慣れてきたように思います。毎日が慌しく、この日まで調布に『稲城なしのすけ』というゆるキャラが存在することすら知りませんでした。目がくりっとしてかわいい顔してますね。足の横縞具合がロボコンに似ているなと思いました。

今日のイチオシ絵本として、大ぶりで大胆に描かれたバッタの絵本を一番目立つところに並べました。
とべバッタ / 田島征三 著
迫力ある力強い表紙のこの絵本は、すぐに売れていきました。

そして、いよいよ今週末は、過去最大規模となる210余の出店者が集う『東京蚤の市』です。皆様のお越しをお待ちしております。


IMG_7510

クワガタの絵本ありますか?

IMG_7514

昨日の月曜日は、市場へ行ってきました。
その際に、届いたばかりの「東京蚤の市」と「関西蚤の市」ポスターとDMを古書会館に置かせていただきました。
会館には〝読書の秋〟にふさわしく、他にも様々な古本市のポスターが掲示されていて、楽しく賑やかです。

現在、これから年末年始にかけて行われるいろいろな古本イベントの準備で大わらわの毎日ですが、まずは、直近のイベントを成功させることを考えながら古本選びをしている最中です。当店は、実店舗を持っておりませんので、直接お客様にお会いして古本を販売するのはイベントのみ。今日は、このイベントで体験したいくつかのエピソードを書いてみたいと思います。

先月の「もみじ市」では、小学生低学年ぐらいの男の子とお母さんに〝クワガタの絵本ありますか?〟と尋ねられました。大量の絵本とはいえ、あったかどうかどうしても思い出せず少々焦ってしまっていたところ、あっさり〝ここにありましたよ〟と段ボール箱に入れていた分の中から探し出してくれました。車の絵本ありますか?電車の絵本ありますか?などはこれまでにもありましたが、クワガタの絵本は意外でした。それと、リアルなイラストのカマキリの絵本を買ってくれた女の子もいました。
トップ画像ですが、〝アリ〟が表紙の絵本「こどものとも」は、今回仕入れた絵本の中に入っていたもので、はじめて覚えた虫の名前がアリだった息子のために取っておいたものです。どんな虫を見ても、すべてアリと呼んでいます。

以前、恐竜の絵本がたくさん入荷したことがあり、イベントに並べるかどうかとても迷っていて、とりあえず会計台の横に積んでおいたことがあります。
そうしましたら、他の絵本を会計に持ってこられた男の子とお父さんが、積んでおいた恐竜絵本をとても気に入ってくださって追加でお買い上げいただき、結局その後ほとんど売れてしまいました。店主や私が持って行く古本はそれぞれこだわりを持ってすべて並べていますが、絵本については、子どもたちがお店に来てくれたときに好きな絵本が見つかるように思い込みで並べないように改善しました。

昨年の関西蚤の市では、黄色い中央線の電車が表紙の単行本(中身は文字のみ)を抱え、買う買うとワンワン泣いてお母さんを困らせていた3歳ぐらいの男の子。
それと、前々回の東京蚤の市だったと思いますが、ブログでご紹介させていただいた店主セレクトの古本を一番乗りでお買い求めくださった年配の男性。ブログで紹介しているのを見て、この本を買うために今日は来たんですと、喜んでくださいました。
今日は、古本イベントを通して、特に印象に残ったことなどを書いてみました。


IMG_6605

もみじ市2015を終えて

前回の更新時、次回は店主がブログを書きます、とお伝えしましたにもかかわらず、投稿できず誠に申し訳ございませんでした。あれから忙しさはさらに増し、本人も数時間の睡眠を確保するのがやっとという状況でしたが、近日中に投稿できるような話をしています。

IMG_6628

そんな中、先週末の土日は、毎年恒例の『もみじ市』に出店をしておりました。本来は、多摩川河川敷の青空の下、屋外での開催となりますが、金曜日からの降雨により、今年は東京オーヴァル京王閣での開催となりました。両日とも、朝のうちは小雨が降ったりしていましたが、間もなく天候も回復し、いつも通りの賑やかで楽しいもみじ市となりました。

IMG_6606

IMG_6614

IMG_6615

写真の古本は、ごく一部のものです。今回も、赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで楽しんでいただける古本をめいっぱい持って行きました。土曜日と日曜日、スタート時から終了時間まで、たくさんのお客様に古本をお買い上げいただき、わたしの声はガラガラになりました。途中、何度もお客様にはお聞き苦しい声になってしまいまして、大変申し訳なく思っております。しかし、来る前に、生姜はちみつのど飴を購入しておいて本当に良かったと思いました。

もみじ市に初めて参加させていただいたのは、お店をスタートさせた2007年ですので、今年は9回目の参加ということになります。
そして、当店では、本日から本格的に11月に開催される東京蚤の市の準備をスタートさせました。今度はどんな古本を集めようかといろいろ考えています。引き続きよろしくお願いいたします。